引退

clarinet

部活に入って途中で退部しない限り、引退する時期は必ず訪れるものである。

今日、ある中学校の演奏会に参加し3年生の引退式を見る機会があった。自分が引退してもしなくても感動と涙はつきもの(多分)。部長の挨拶が心に染みた。青春してるなぁ…と勝手にしみじみ。引退した中学生には高校に行ってからも是非続けて欲しいと思う。

そんな引退する姿を見て、当時の自分を勝手に思い出す。

先輩が引退する時も自分が引退する時も泣くもんかと思っていても涙が出てくる。たとえどんなことがあってもお世話になった先輩、可愛い後輩と演奏できなくなるのはなんとなく寂しいものである。

引退=もう吹けない、って思わないで、進路でしょうがなくお休みしてまた新しいところで復帰すればいいじゃん。って考えれば引退なんてタダの儀式だぜ!って思っていた。

それで進路を甘く見ていたら、高校入試で大失態を侵したのであった…(笑)

だらだらと書いて、今日のことと当時のことを重ねて書いているつもりだったけれど、実は中学時代の部活、あまり覚えていなかった。生徒会にも入っていて、そっちが楽しかったから練習にあまり顔を出していなかったからこれといった思い出は…そんなになかった。卒業文集も部活のことを書いていなかった(笑)

つづく。

 

好きなことを自由気ままに、気の向いたときにブログを書いてます。 吹奏楽を中学のときから始めてずっとやってます。楽器はクラリネットです。 あと、ドラゴンクエストが好きです。ドラクエ歴は約20年。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする