他のリードを試してみた話

clarinet

カントー地方や宮城あたりだとまだ秋だと思いますが、北東北はもう秋終わりました。
台風による塩害に遭ったため、木々が紅葉する前に枯れてしまい、葉が落ちてしまいました。

どうも、しみずです。

最近、合奏中パート内で音色やピッチが合わないし、薄くて安い音しか鳴らないので、試しに他のリードを買って浮気をしました。

今使ってるリードのこと

普段、私はWoodStone の厚さ2半のリードを使っています。かれこれ3年くらいこのメーカと厚さのリードです。

ここで、余談ですが…。
リードには番号がついていて、その番号が大きくなるほど厚く硬く、数が小さくなるほど薄く柔らいものになります。
番号は1/2刻みになっていて、2〜5まであります(メーカによるけれど大体これ)。
私が使っているリードは2半(2 1/2)なので薄く柔らかいリードです。

個人的にかなり吹きやすく、音の輪郭もはっきり出るので気に入っています。
ですが、すぐに高音がキーキーといって安い音になりがちで、たまに他の人と音色が合わなくなることがあります。

いくら自分が吹きやすくていいと言っても、他の人と合奏中に音色が合わないのはまずいので、気は進みませんでしたが、他のリードを試すことにしました。ま、大げさに言うと他のリードに浮気ですね(笑)

試したリードと感想

試したのは、WoodStone の厚さ3のリードで、2半より厚いものを試すことにしました。

予想どおり、高音も低音も厚く硬めになりました。高音はキーキー鳴らなくなり、他の人とも音色が合うようにはなりました。音色はそこそこいい感じです。

しかし…。

普段より厚いリードなのでいつも以上に息を入れないと音は鳴らないし、アクセントやスタッカートなど音の輪郭をはっきり出すような曲を吹くと結構タンギングが辛い…。いい音色をだす以前の問題が発生した。

結論

2半のリードに慣れすぎて、他のリードで吹けなくなった。
曲の雰囲気やその日のコンディションに合わせて2半と3のリードを共存させたいと思うが、メインはやっぱり2半にしようと思った。
個人的に2半は本当に吹きやすい。あと、練習して克服するしかなさそうですね(笑)

好きなことを自由気ままに、気の向いたときにブログを書いてます。 吹奏楽を中学のときから始めてずっとやってます。楽器はクラリネットです。 あと、ドラゴンクエストが好きです。ドラクエ歴は約20年。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする