楽器用品を新調した話

中学・高校のときは、楽器は練習すればいくらでも改善は見込めましたが、社会人になるとそうもいかない…。
時たま息の使い方がどうなってるか、息がマウスピースや楽器にどう入って音がなっているのか、低音域から高音域まで均一になっているのか、曲を吹いて振り返ります。数年に一回はリガチャーやマウスピースを新調します。モチベーションの維持も込めて。

汚い言い方をすれば、モノの力に頼ってます、しみずです。

本当に汚い発言だ。でも結構色んな人に言っています。もちろん練習もしていますよ、ええ。

マウスピースとリガチャーを新調しました。やったー!(喜びの舞)

マウスピースはバンドーレンのマスターズCL4です。
開き(リードが振動する面積をさします)が狭めで吹いた感じは5RV系統に似ています。
これまで、開きが広めのバンドーレンのB45で吹いてきました。音色が太くなりとても気に入っていたのですが、息のコントロールがしづらく、高音が開き気味の音になってきました。自分に合わないなと思ったので変えました。

ちなみに私は、この他に5RVLyer のプロファイルというマウスピースも持っています。高校時代に使っていてしばらくお休みさせていたのですが、最近久しぶりに吹いたら音の立ち上がりや響きがよかったので、こちらも現役で使っていこうかと思ってます。

個人的に、マウスピースの開きが狭いほうが好みだということがわかりましたね。

続いて、リガチャーですが、ブルズアイの正締めシルバーのリガチャーです。
吹いた感じはダークで落ち着いた音色になります。
音色は、個人の技量によって変わるのが大半ですが、マウスピース、リード、リガチャーによっても変わってきます。
リガチャーについて言うと、リガチャーの材質で音色の傾向が変わります。
今回買ったのは銀製のものですが、銀は落ち着いた丸みのある音色になると言われています。

まぁそんな感じで購入して手元に届いてウハウハしているのですが、問題はここからですね。
吹き鳴らさなくてはいかんのです。
地元に戻ってきたことだし、頑張ってみますか〜気楽に(笑)

clarinet

演奏会のお知らせ

どうもしみずです。

演奏会のお知らせです。

今月末に、私が所属している吹奏楽団の定期演奏会があります。
お時間がある方、足を運んでいただけたらと思います。

日にち
2018年4月30日(月・振休)
時間
13:30開演(13:00開場)
会場
秋田市文化会館 大ホール
入場料
300円

ありがとう県民会館

かなり久々の更新。気まぐれにも程がある。
しみずです。
本題に入る前に、ここに書くことがあります。

昨年秋、やっと転職できました。

以上。

はい、本題に入ります。

今日、地元のコンサートホールこと県民会館で行われた演奏会に出ました。

この県民会館、よくアーティストのライブやコンサートが行われます。私にとっては中学・高校と吹奏楽のコンクールや演奏会でとてもお世話になった場所です。

しかし、今年の5月で閉館になってしまうため、今日が県民会館で演奏できる最後の機会でした。

県民会館に対して残っている思い出といえば、高校時代のコンクールの結果発表。
結果発表のときに、自分の学校が「金賞」を取ったときの感動は今でも忘れられません。
黄色い声を出して喜びましたね。「○○高校、ゴールド金賞」って司会者から発表された瞬間、「キャアアアアーーー」って(笑)
どこの学校も叫んで泣いて喜ぶんですよ。

サラバ、県民会館。
吹奏楽界に沢山の思い出をありがとう。